2006年12月12日

微妙な言葉の使い分け

「のぼる」と「あがる」みたいな、意味が殆ど同じでも微妙に使い方が違う言葉って結構ありますよね。「くだる」と「さがる」、「さける」と「よける」も同様で、私達は無意識に使い分けています。(両方とも使える場合もあります)


「2階に上った」
「山に上った」

「物価が下った」
「川を下った」

「ボールを避けた」
「人ごみを避けた」

一般には「山に登った」「物価が下がった」などと書きますが、こういった書き方も可能です。外国人への日本語教育でどのように教えているのかは知りませんが、この使い分けは結構難しいと思います。まぁ単に「こういうときはこういう」と教えているのかもしれませんが。

まぁ私達ネイティブの日本人なら、単に覚えただけなのか何らかの意味合いを把握しているのかは別にして、普通に読めますし使い分けていますよね。

頭に血は“あがり”ませんし、給料は“のぼり”ません。

車からは“おりる”ことはできますが“くだる”ことは出来ません。

階段を“のぼって”2階へ“あがったり”もします。


言語学などを学んだことはないので明確な説明を付けることは私には出来ないのですが、誰しも、何となく“ニュアンス”のようなものは感じていると思います。

のぼる場合は何となく経過が強く出ていて、あがる場合は結果が中心、みたいな印象があります。

ただ、全てにきっちりした説明は付けられないとも思いますね。使い分けのきっかけが意味的なものだとは限らないと思うので。

でも、こういった微妙な使い分けがあると思うと、「外国語を習得するのは難しい」って思いますね・・・。



※そのほかにも
“にぎる”と“つかむ”
“近づく”と“近寄る”
“ふれる”と“さわる”
“こぼれる”と“あふれる”など


posted by new_world at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 言葉や文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
似た言葉の使い分けは難しいですね。

学生の頃は意図が通じれば多少の間違いはいいのでは、と思っていましたが、仕事をするようになると多少の違いでも後に大きな違いとなって認識されてしまうことが多々あります。

どちらかというとビジネス文書はお役所的な見知から作成されるからかもしれません(おそらく法的な問題に発展したときや、コプライアンス、今後の日本版SOX法に絡んでいるんだと思います)。

ただ、アメリカドラマのザ・ホワイトハウス (The West Wing)では広報部がメインのためか、発表文書に関してかなり推敲しているシーンが多く見受けられます。勿論、日本語の吹き替え版を見ているので、英語ではどれくらい深くやりとりしているかは分かりませんが、私が知っている範囲での日本における文章、言葉の使い方とは異なる印象を受けました。ドラマではいかにして自分たちの政策や法案、利益を守るためにどのようないい方をしたらよいかという考えがあるように思えました。

アメリカにおける職場が全てそうだとは言い切れませんが、、

ちなみに私は辞書として新明解国語辞典(新解さん)を利用しています。辞書なのに主観的な説明が多いところが面白いです。
Posted by sunadorineko at 2006年12月12日 22:54
sunadorinekoさん
道案内とかであれば伝われば問題ないと思いますが、政治やビジネスなどの場合、細かいことも正確に伝えなくてはならないので大変ですよね。後、雑談とかも難しいですね。高校の英語の先生が「笑うところでちゃんと笑えるようになるのは大変」と話していました。

アメリカの場合、特に法律にうるさそうなイメージがあります。よく言われることですが、アメリカの人は曖昧さを嫌うようですし。

新明解ですか。ちょっと懐かしいです。最近は電子辞書で広辞苑を使っていますが、高校1年生の時に買わされた辞書は新明解でした。高校のとき、図書館を管理していた日本語好き(言葉が好き?)の英語の先生がいたのですが、その先生は週に1回くらいのペースでエッセイ風の配布物(確か、図書館からの連絡的なプリントだったと思います)を配っていました。その中で、新明解の面白さを何度か紹介していました。内容までは覚えていませんが、結構人気のあったコーナーでしたよ。
Posted by new_world at 2006年12月19日 09:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。