2007年01月21日

第二のふるさと

私がセンター試験で玉砕して京大理学部に受験校が決まったのが3年前の1月中旬、そして、合格が決まったのが3月初旬、引っ越したのは3月下旬。

あと2ヶ月で京都3周年ということになります。転勤族だった私は、京都が5つ目の都府県、6つ目の市区、8つ目の住所になるのですが、一箇所の滞在期間としては、現在3番目、もうすぐ2番目になります。

一番長く住んだ町は、転勤の基点だった熊本市、次いで長いのは3年強の滞在だった福岡県春日市。そして、その次が約2年間半の滞在だった大阪府吹田市、そして2年以下の滞在だったのが、東京都新宿区と熊本県人吉市。

時間的には、そろそろ京都市が第2位にあがってくることになります。

ただ、それでも“第二のふるさと”はまだ福岡のような気がします。大学生の3年間と小学生の3年間では重みが違うんですかね。若い方が時間を長く感じると言いますし。福岡のご近所さんとは今でも交流があって、帰省のついでにたまに寄って来たりします。家族ぐるみの付き合い、もう親戚みたいなものです。

まぁでも、あちこち行き過ぎて、あまり“ふるさと”っていう感覚はないんですけどね・・・いってみれば、熊本も福岡も京都も“第二のふるさと”なのかもしれません。



※春日市について
ついでに、軽く春日市の紹介をしてみます。

春日市の位置春日市は、福岡市の南東隣の町(福岡天神から10km前後)で、人口は約10万人。人口はあまり多くないですが、左図のように市の面積がかなり狭い(南北約5km、東西約4km。福岡県最小の市)ため人口密度は高く、全国でも8位(約7600人/平方km)になります。

いわゆるベッドタウンで、電車は市の東部にJR九州鹿児島本線、西鉄大牟田線が、市の西部にJR西日本の博多南線があります。

この博多南線というのが珍しい路線で、新幹線車両基地から博多駅に向かう回送の新幹線車両を住民の要望で利用することになった路線です。左図における灰色の線は電車の路線で、市の西側に伸びている短いのがこの博多南線です。

駅は2つ、博多駅と博多南駅・・・つまり、両終点しかありません。車両基地の博多南駅と博多駅をつないでいるだけです。まぁ距離も8kmほどしかないのですが。

ただ、車両は新幹線ですが博多南駅−博多駅は在来線扱いらしいです。運賃(190円)に割増料金(100円)がかかっているんで、たぶん、特急ということになってるんだと思います(それでも290円、約10分です)。まぁ間に駅はありませんので特急も何もないのですが・・・

ちなみに、九州内での在来線はJR九州が行うという決まりがあるらしく、路線は一応JR西日本ですが、博多南駅はJR九州に属すという不思議な状態らしいです。しかも、あと数年で開通する九州新幹線はJR九州の新幹線で、この博多南線の一部も使うようでして、またまた協議が必要になっているそうです。

まぁでも、住民にとっては、電車のなかった地域に電車が出来たことでかなり便利になり、人口も結構増えたそうです。


かなり狭い春日市ですが、ちょっと有名な史跡があります。それは、須久岡本遺跡。まぁこの名前は高校で日本史を習っていないと知らないと思いますが、弥生時代の奴国の遺跡です。

奴国は「漢委奴国王」の金印で有名な弥生時代の国で(金印は志賀島で見つかりました)、春日市は奴国の中心があったといわれる場所です。そのため、市の北部には弥生時代の遺跡が多く見つかっています。まぁ市の北部といっても、南北で5kmしかないのですが・・・。

それらの遺跡からかめ棺が多く出土しているため、市のマークは春日の「春」という字をかめ棺を模して図案化したものだそうです(春日市HPより参照)。

そういえば、社会科見学で遺跡から発掘されたかめ棺などの展示施設を見に行った気がします・・・歩いて。


余談ですが、金印が見つかった志賀島は、島じゃありません。半島の端っこが丸くなった感じ・・・というか、本土と島が陸続きになった感じです(参照航空写真:Yahoo!地図情報より)。まぁ江ノ島と同じですね。

江ノ島は江ノ島で面白くて、あそこは関東大震災で隆起して陸続きになった島だそうです。関東大震災以前は干潮のときにだけ陸続きになっていたらしいです。


posted by new_world at 07:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 熊本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
志賀島だが、昔は島だったらしいよ。なんかの影響で常につながったらしいが。江ノ島に近い感じらしい。福岡出身の親父がいってた。
Posted by takurou〜月夜の黒猫〜 at 2007年01月22日 08:06
takurou〜月夜の黒猫〜さん
確かに、衛星写真を見ても、ちょっと水面が上がるか島が沈降するかですぐに分かれてしまいそうな感じだしね。まぁその昔というのが数十年なのか数百年なのかによるけど。
Posted by new_world at 2007年01月23日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。