2007年02月03日

同じ温度でも

以前、同じ事を書いたことがあるのですが、温度計の温度と触ったときの温度って違うんですよね。

たとえば、同じ90℃でも、お湯なら火傷しますが、サウナなら火傷しません。

小学校などの校庭の鉄棒、冬場は冷たいですよね。あれも温度は気温と同じです。もっと身近なところでは、部屋の家具などを触ってみてください。熱を発する家電のような家具以外、基本的に室温と同じ温度のはずなのですが、素材によって冷たく感じたり感じなかったりします。

まぁ基本的に大気よりは冷たく感じるものですが、素材によって結構感じ方は違います。金属製品とかは特に冷たく感じます。

つまり、温度計の温度って、意外とあてにならないんです。

勿論、温度は同じです。

そこにおいていれば、熱を発したりしない限り、物はその温度になります。

ただ、私達が感じている“温かさ”“冷たさ”というのは、温度とは違うんです。

私達が感じているのは、“入ってくる(出て行く)熱”です。

物が手に触れたとき、体温より高い物からは熱が入ってきますし、体温より低いものへは熱が出て行きます。

その量(スピード)が私達の感じている熱です。

つまり、物質によって熱を吸収・放出する速さが違うので、同じ温度でも感じ方が変わってくるんです。(何の違いが物質による差になるのかは私は知りません。密度の問題だけではないようです)

サウナ室に温度計を持ち込んだ時の温度計の数値の上昇スピードと、熱湯に差し込んだ時の温度計の数値の上昇スピードは違います。サウナ室にいても平気なのは、サウナ室の与えるエネルギーでは私達の体温が急激に上昇しないからです。


また、与える熱ですので、密度によっても変わります。

たとえば、上空400kmでは気温は1000℃となりますが、たぶん、寒いと思います。

ただ、そこに鉄かなんかを置いておくと、何年後か何十年後か何百年後かは知りませんが、いつか1000℃になるはずです。

温度は温度なんです。




そもそも、私達には温度なんてどうでもいいんです。

温度計は自らが(時間をかけて)その温度になることで温度を測っていますが、私達の感覚器官はそんなこと出来ませんし、必要ありません。

私達に必要なのは、その物体が私達に与える影響力です。

入ってくる熱量、出て行く熱量の速度が私達には重要なんです。

ただ、同じ物質であれば同じ温度なら同じ影響力を持ちますので、数値化する意味があるんです。

気温やお風呂の温度がそうですね。

大気の温度とお湯の温度を比べるのは無意味ですが、気温同士、お湯の温度同士を比べるのは意味があるんです。

たとえば、「今の気温は10℃です」やお風呂の「設定温度:42℃」とか。

気温や水温であれば、経験上、何となくどのくらいの暑さ(熱さ)かがイメージできる(=過去経験と比較できる)ので、これらの表記には意味が生まれるんです。


posted by new_world at 13:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 科学の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポットの98度のお湯はすすれるけど、
そのお湯に指突っ込むとやけどするというのも
不思議なような。
指より舌の方がデリケートそうなのに。

プログ更新しましたが、
サブタイトルの下に検索窓口つけたいんですが
HTMLエディタの使い方がいまいちわからず
公開しながら編集していきます。

望遠鏡でのぞくと、何万年、何十万年前の宇宙の過去を見ることができるわけですが、地球の過去を見る方法はないものでしょうか?
本能寺の変の真相とか、大化の改新の真相とか見たいですけど。
Posted by tenmado_skylight at 2007年02月03日 15:50
tenmado_skylightさん
舌と指のどちらが温度に敏感なのかは知りませんが、たぶん、すする時は空気と混ぜて温度を下げているので大丈夫なんだと思います。唇を通過する量がどの程度かは知りませんが、たぶん、結構少ないと思います。ストローで飲むと火傷しますし。

サブタイトルの下に検索ですか?私にはよく分かりませんね・・・あまりコンピュータには詳しくないので。

過去を見るんですか?まぁ適度な位置に光を180°曲げる存在があれば可能かもしれませんが、そんなに遠いと像は見えないでしょうね。

タイムマシンの理論がどんなものなのかは知りませんが、過去にさえいければ戻って来れなくても人工衛星か何かを送り込めばいいので過去を見ることは出来るでしょうね。ただ、屋内の事件などは無理でしょうけど。
Posted by new_world at 2007年02月05日 19:31
こんにちわ
「40−その時の気温」が標準的な家庭用お風呂の焚き時間(分)という記事をどっかで読んで実践して重宝しています。例えば摂氏5度なら35分間焚けばだいたい40度になります。大きさや湯沸かし器の性能でも違うんでしょうが。
Posted by kyoko at 2007年02月10日 12:27
kyokoさん
・・・よく分からないのですが、追い炊きみたいな感じで温めるということですか?
Posted by new_world at 2007年02月10日 21:14
すいません説明不足でした。ぬるくなってからの追い焚きではありません。水を溜めて最初から焚く時の話です。今は最初からお湯をはるタイプが多く、水を溜めてガスで焚くようなやり方はしない家庭が多いのですね。
Posted by kyoko at 2007年02月11日 07:11
kyokoさん
お風呂にはお湯をはるものだというイメージがあるので、想像できませんでした。水をためてガスでたくお風呂もあるんですね・・・。

私のところは、瞬間湯沸かし器みたいです。
Posted by new_world at 2007年02月13日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。