2007年03月06日

過去の記事の紹介 免疫についての記事7つ

週7日のペースで忙しい今日この頃、ちょっとブログの方まで手が回らず、意識不明で重体なのかもしれないこのブログですが、ちょっと走馬灯のように、昔の、頑張っていた頃の記事を紹介したりしてみます。

今回(次回があるかは不明です・・・)は免疫についての記事を軽く紹介します。免疫関連の記事は7つあり、一応当時は番号を振ってやっていたようですが、未完のままとまっています。今はもう忘れてしまったので勉強しなおさないと続きはかけませんね・・・。

では、紹介を。

@免疫学の歴史:ワクチンの発明について書きました。

A免疫の原則:免疫の基本、「自己と非自己の認識」について書きました。

B免疫の細胞:免疫系を支える主要な細胞について簡単に説明しました。

C傷口の下で起こっていること:免疫の第一陣である自然免疫について書きました。マクロファージや補体など。

D無限の異物に対して免疫がとった戦略:利根川博士が発見してノーベル賞を受賞した、獲得免疫の多様性について書きました。

E獲得免疫の主役達〜T細胞とB細胞〜 @機能:獲得免疫の基本的な機能について書きました。

F獲得免疫の主役達〜『T細胞』と『B細胞』〜A抗原認識:獲得免疫における抗原の認識のT細胞とB細胞での違いについて書きました。


posted by new_world at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログについて&自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。