2007年04月04日

総長カレー第2弾

以前紹介したこと(→ここ)がありましたが、2005年末に尾池総長のプロデュースで作られ、結局、そのうちいくつかは時計台前のカフェテリア「カンフォーラ」の一般メニューになった総長カレー、なんと、桂キャンパスのカフェ「アルテ」でその第2弾が作られ9日から販売を開始するそうです。

今回は桂キャンパスのある洛西の特産らしい「竹」がテーマみたいで、タケノコを添えたカレーや器や敷物などに竹製品を使ったものなどがあるようです。

前回の目的は「総長を身近に感じてもらいたい」みたいな感じだった気がしますが、今回は「桂キャンパスの名物としたい」らしいです。工学研究科しかないので私は入ったことないですが、結構辺鄙な場所にありますからね。

昆布やカツオだしをきかせた和風のカレーソースで、具にはタケノコなどの季節の野菜を使い、ライスには週替わりで五穀、発芽玄米、麦を出すようです。

「かぐや姫セット」は、器やスプーンなどに西京区の竹を利用し、敷物も竹パルプ製の紙を使う予定だそうです。


桂の方に行く機会があれば、9日からなので、食べてみてください。

お値段は、「総長カレー」は540円、「かぐや姫セット」は630円だそうで、第1弾に比べると安めの価格設定です。


posted by new_world at 08:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何でかぐや姫セットなんだろう・・・(笑)
竹だからですかね?(^^;
Posted by マチルダ。 at 2007年04月04日 09:11
マチルダ。さん
竹から生まれたんだと思います(笑)
Posted by new_world at 2007年04月09日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。