2007年09月24日

ビタミンB1〜始まりのビタミン〜

オリザニン・・・世界で初めて単離されたビタミンで、現在はビタミンB1と呼ばれています。

この世界初のビタミンの発見者は鈴木梅太郎、日本人の農学者です。

世界初のビタミンを発見したのが明治時代の日本人だったのは、日本がビタミンB1欠乏症である脚気の最も深刻な国の1つだった事が背景にあると考えられます。

ただ、発見当時日本は日露戦争に何とか勝って先進国の仲間入りをするかしないかという状態の国でしたし、鈴木の発見は日本で発表されたこともあって国際的には認められず、記録上は、翌年のポーランド人化学者の発表が世界初ということになっています。(実を言うと、鈴木が農学者だったこともあり、日本の医学界でもなかなか受け入れられなかったそうです。)

とはいえ、日本人がビタミンを発見してしまうくらいに日本におけるビタミンB1問題は深刻だったんです。



肉食の少なかった頃の日本人にとってビタミンB1の摂取量の多くは穀物からでした。玄米の状態の米には多く含まれるのですが、精米された白米では含有量はかなり減ってしまい、白米の浸透した層においてビタミンB1欠乏症がかなり多く発症しました。

ビタミンB1は肉類や牛乳、麦などに多く含まれるため、それらを多く摂取する西洋人にとって脚気は“見たことのない病気”なのですが、それにもかかわらず、江戸末期から明治期の日本では富裕層から町人まで(白米が浸透していたため)幅広い層で見られたため、来日した西洋人から「日本の風土病なのではないか」と考えられたくらいでした。(実際は東南アジアなどでも見られる病気だったようですが)


これだけ日本人に頻繁に見られた脚気ですので、それについては語りきれないくらい多くの逸話が残っています。

特に陸軍と海軍の脚気対策の違いの話が有名です。


軍人なのに雑穀や玄米を食べさせるわけには行かない、という方針で、軍人は白米が食事として出ていました。しかし、米は用意できても下級兵には副食を充分支給出来なかったため、精米時に失われた分のビタミンB1を摂取することが出来なかったのです。

それで、下級兵の多くが脚気を発症しました。

神経伝達異常が生じて足が動かなくなると兵隊にならないので、軍の上層部はその対応を迫られたわけですが、陸軍と海軍でその対応が大きく違いました。



海軍は、西洋及び西洋人の船で脚気が見られないこと、また、外国に停泊中には脚気が減ること、同じ船に乗船していても下級兵に多く見られること、などから、食事の違いが問題なのではないかと考えました。

最初はタンパク不足が原因と考え、肉類やパンを中心とした洋食が提案されたのですが、兵士の好みや予算の問題で和食に少し手を加える形(大麦を混ぜた麦ご飯など)での対処となりました。しかし、少し手を加えただけでも脚気患者は激減し、日本海軍において脚気問題はビタミン発見の30年以上前の1880年代には解決されました。

このような脚気に対する有効な対策が見つかることが、ビタミンの発見につながったといえます。

その提案を行ったのは高木兼寛という軍医で、その功績から日本の“ビタミンの父”とも呼ばれ、東京慈恵会医科大学の創立者でもあります。(麦ご飯を導入し、のちに男爵として貴族となったことから、“麦飯男爵”と呼ばれたこともあったようです。)



一方の陸軍の対応はかなり違いました。

脚気問題を栄養不足と考え早期に解決した海軍に対し、陸軍は脚気問題を解決できないままに日清・日露戦争に突入してしまい、戦争時の死者の過半数が脚気による死者だったのではないかと言われるほどに深刻化させてしまいました。脚気による死者に加え、脚気になると神経に障害が出ますので“戦死”の原因となった場合も多かったと考えられます。

何故陸軍で海軍のような対策が立てられなかったのかというと、陸軍では“脚気細菌説”が浸透していたからだといわれています。

当時はまだビタミンという概念が未成立の時代でしたし、19世後半はパスツールやコッホらの研究によって細菌学が急激に広まっており、その影響から脚気の原因も何らかの細菌ではないかという考え方が陸軍内に浸透していたのです。

それを“証明する”かのような発表もなされ、陸軍では「脚気は細菌によるものであり、栄養としても和食は充分なものである。また、白米は、士気を保つためにも最適の食材である」という方針の下で白米支給にこだわり続けました。

ただ、上層部はそうであっても、現場の方では麦飯の脚気予防効果への認識があり、戦時外は現場の判断で兵食に麦飯が取り入れられたりしていました。

しかし、戦時には兵食は上層部の一括管理となり、白米支給に一本化され、前述のような悲劇が起こったのです。

もし、陸軍がせめて麦ご飯を導入していれば、大勢の日本人の命は守れたかもしれません。まぁそれによって外国の人の命が奪われたのかもしれませんが・・・。



この逸話が示すようにビタミン発見以前にビタミン欠乏症という未知の存在を認識するのはきわめて難しく、それを当時主流だった病因=細菌という考えに固執してしまったのも無理はないと思います。

ただ、お隣の海軍で脚気対策に成功しているのに陸軍がそれから学ばなかったのは問題でしょうね。





チアミン







ビタミンB1についてですが、ビタミンB1は物質名をチアミンといい、水溶性の分子です。

水溶性のビタミンにはビタミンCなどが他にあるのですが、これらの機能を紹介するのは少し難しいんです。

これら水溶性ビタミンは前回話したビタミンAや今後紹介する予定のビタミンDなどと違って特定の目立った機能があるわけではなく、補酵素として色々なところで酵素の働きを手助けしたりしている分子なのです。

もちろん、欠乏症として脚気や壊血病が発症するように特に重要な働きをしてるシステムは存在します。

ビタミンB1欠乏症の脚気は神経系に異常が生じますし、ビタミンCの欠乏症である壊血病は出血性の障害で、これはビタミンCが組織間の結合に重要なコラーゲンや間充組織の形成に重要なアミノ酸の合成に必要で、ビタミンCの欠乏によって血管に異常が生じることによって出血が生じます。

しかし、水溶性ビタミンはこれらのシステム以外にも様々な場所で酵素活性を助ける物質として働いています。

そのため、不足すれば様々な部分で異常が生じますし、逆に言えば、きちんと摂取することで様々な部分が正常に働くようになる、ということです。


また、規定量のビタミンを摂取していても、一部の組織で過剰に使われると他で足りなくなり異常が生じることがあります。

たとえば、アルコールの分解にもビタミンB1は関与しており、アルコールを多量に摂取する人においてビタミンB1欠乏症が見られることがあるそうです。

他にも、喫煙者においては、喫煙により取り込まれた物質の代謝過程のおいて血液内に酸化ストレスが生じ、それを解消するためにビタミンCが消費されると言われています。

このように、多くの働きをする水溶性ビタミンは、一部の組織で多用されると他の部分で不足するという事態が生じます。



ただ、普通の食生活をしていて、普通の生活習慣をしていれば、まず今の時代にビタミン欠乏症にあることはないと思います。

まぁ最近は“普通”がずれてきている感じはありますけど・・・

ビタミンB1不足が気になる方は、毎日のご飯を玄米や雑穀ご飯にするなどして多めに摂取すればいいと思います。


ビタミン


posted by new_world at 18:25| Comment(5) | TrackBack(1) | 生命の科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あしあとありがとうございます。ビタミンB1のお話ためになります。五穀米とかいうお米に混ぜるのを時々使用してます。

ちなみに、地球温暖化による海面水位上昇ってデマとかいう人とか検索するといますが...アルキメデスの原理を根拠に...確かに、海面に浮いてる氷が解けても...でも、海面水位は上昇するんですよね?
Posted by tenmado_skylight at 2007年09月25日 23:00
▼o・_・o▼コンニチワン♪
昔の軍隊は陸軍と空軍と海軍はあまり連携をとってなかったんですね。お互いの存在を敵対してたんでしょうかね。
Posted by むっち at 2007年09月26日 10:15
tenmado_skylight さん
浮いた氷が解けても水位は上昇しませんが、なかった氷が水に落ちたら水位は上がりますね。

たとえば、陸上の氷が解けたら水位は上がります。南極大陸などの極地域や高山地帯の氷が解けたら水位が上がります。

たぶん、地球が暖まれば海面は上がると思いますが・・・




むっちさん
まぁだからというわけではないですが、海兵隊という海軍内陸軍みたいな組織も出来ましたしね・・・。

もとは同じでも長い間それぞれに教育などを行ってきたらだんだんずれていくと思いますし、よく知りませんが、戦場が、海の上、陸の上、雲の上と状況が違いすぎるので、あれこれ違ってそれぞれの文化が生まれてくるんじゃないでしょうか。

文化の違いからか、陸軍と海軍の不仲話はよく聞きますね・・・今もそうなのかは知りませんが。
Posted by new_world at 2007年09月28日 01:14
New Worldさん

北極の氷が解けても水位が変わらないというのはアルキメデスの原理ということだと思うんですが、とすれば、ツバルの島が水没の危機にあるというのは、グリーンランドの陸地の氷が解けてるからってことでしょうね。

http://www.asahi.com/special/NorthPole/TKY200606300388.html
Posted by tenmado_skylight at 2007年09月28日 23:55
tenmado_skylightさん
そうですね。コップの中の飲み物に浮いた氷が融けても水位は上がりませんが、コップの飲み物に氷を入れたら水位は上がります。

その新聞記事のように、最近は北極圏、南極圏の陸地や高山地帯の永久凍土の減少が結構ニュースなどで取り上げられていますよね。でも、やはり、それによる変化は私達にはあまり実感できないんですよね・・・

原因を作る側と影響を認識する側が違うというのが環境問題における問題のひとつでしょうね・・・勿論、その影響が広がれば原因を作っている側にも影響が及ぶんでしょうが、その時になってあがいても果たして間に合うのか、というのが環境問題を考えている人たちが訴えているところだと思います。
Posted by new_world at 2007年10月08日 14:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【 細菌学 】について最新のブログの口コミをまとめると
Excerpt: 細菌学に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
Weblog: プレサーチ
Tracked: 2007-09-26 12:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。