2009年01月23日

荒川の決壊で東京駅が沈む

今日内閣府設置の水害関係の専門調査会が発表したシミュレーションによって、大規模な荒川の増水により堤防が決壊した場合、地上に影響が及ぶよりも早く地下鉄が水没する可能性があるということが分かったようです。

つまり、「地下鉄が水路となり水を運ぶ」という事です。

東京の地下には網目のように地下鉄が走っており、それぞれは駅等でつながっていて、そこを水が通る事で、水害が広がる・・・まぁ水は低い方向に流れるものですので、考えうる事ですし、実際、福岡の地下鉄や地下街は数年前水没していましたよね。

地下鉄には防水壁などの設備がある箇所もあるようですが、東京の場合、地下鉄が網目状に張り巡らされており、完全に水をせき止める事は不可能で、結局、流れ込んだ水は流れるままに流れていき、あちこちの地下鉄を運行停止に追い込んでいくようです。

しかも、深ければ深いほど水がたまりやすく、そして、抜きにくいので、地下鉄の運行停止が長引く可能性も考えられるようです。

東京の場合、あちこちで地下鉄が長期間止まると、たぶん、都心部の機能は相当低下するはずです。都心には中央官庁や大手企業の中枢が集まっていますので、相当深刻な事態になるでしょうね・・・

そして同時に、どれだけ私たちが公共交通機関に依存しているか分かりますよね。



【今回のシミュレーション】
条件
200年に1度の洪水により北区志茂地先で堤防決壊

結果
複数の駅から地下鉄に水が流入し、地表よりも速く水が地下鉄構内を進行する。6〜9時間で西日暮里や上野等の比較的近い地域が浸水し、12時間後には東京・大手町駅付近、15時間で銀座・霞ヶ関・赤坂・六本木駅などが浸水・・・

地下鉄内での水の進行は地表よりも早く、東京・大手町駅の地表に水が到達するのは地下鉄に浸水が始まって7時間後で、銀座や六本木には最終的に地表には水は到達しないというシミュレーション結果だそうです。

改札フロアの天井まで水が来る「水没状態」の駅は17路線81駅に及び、これは、一定の水害対策をとってもほとんど変わらない(到達時間が変化)という事だそうです。

もし、「水没」を避けようと思ったら、地下鉄の出入口の殆ど全てをふさぐくらいしないといけないようです。2mくらいの壁を作っても水没は避けられないようです。



今後、地下鉄の運営側も含め、被害を抑える「防災」のしくみ、乗客の「避難」方法、浸水後の「復旧」方針など被害を抑える対策を考えていく必要があるようです。


参考:内閣府「防災のページ」大規模水害対策に関する専門調査会


posted by new_world at 23:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 東京の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

一般参賀

昨日、初詣にもあんまり行く気がしなかったので、皇居の一般参賀に行ってみました。

午後からのに行ったのですが、結構な人でしたね・・・まぁ5回(例年7回)に分けられているからか、思ったよりは少なかったですけど。

意外だったのは、外国の人がかなり多かった事です。1割くらいは日本人じゃなかったように思います。入り口で配られる日の丸を持って、江戸城の石垣をバックに記念撮影をしていました。

あと、ボディチェックと手荷物検査があったのですが、正直、形だけな感じもありましたね・・・同時にするのではなく、10mくらい離れた別々のところでやっていたので、たとえば、手荷物検査の時に服に身に付け、ボディチェックの時に鞄に入れていたら気付かれません。というか、別々の所でする意図がよく分かりません・・・。

確かに凄い数の警察官風の方々が導入されていましたが、空港等に比べるとセキュリティは緩いですね。とはいえ、警官の方々は正月早々ご苦労様です。

長和殿

この写真の通り、長和殿の前の広場は、思ったよりも狭かったですね。これは広場に入る時に撮った物で、この後、経路に沿って奥側(向かって右側)に合流するようになっていました。お出ましの30分くらい前の写真なので実際はこの倍以上は来ていたとは思います。よく分かりませんが。

とはいえ、昨日は快晴で、雲がほとんどなく、直射日光が痛かったですね・・・30分以上、動けない状態で、顔の左側だけに日光を受けていました。顔の左側だけ大分コレステロールがビタミンDになった気がします。

皇居から


まぁビルと雲のない青空の境界は奇麗でよかったですけどね。ちなみに、毎日通っているうちの会社も、この写真のビル群の建物の一つで、皇居のすぐそばで、一般参賀の時もいつもの駅で降りました。
posted by new_world at 16:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

JR東日本、Suica効果で券売機が消える

ICカードの浸透で、券売機の需要が減り、台数が減って来ているとか。そういえば、妙に台毎の間隔の広い券売機があったような気がします。

確かに、私は平日往復電車に乗りますが、券売機の前に並ぶのは月に1回あるかないかです。定期券がメインと言うのもありますが、基本的に1万円ずつチャージしているので中々券売機に向かう事はないですね。

今のところ、JR以外のメトロ等ではそれほど台数は減っていないようですが、これからは全体的に減っていく傾向にあるでしょうね。

券売機の場所は、駅中の一等地なんで、場所があいたら使い道は色々ありそうです。

単純に減った分だけ台毎の間隔を広げだけでも並んでいるとき買ったあと出やすくてよいと思います。


あとは、カード返却(払戻)時の手続が楽になると、旅行者等にも利用しやすくなるんでしょうけどね。空港等で、旅行客風の方が頭上の路線図型料金表を見ながら悩んでいるのをたまに見かけます。

私は以前、両親が出張でくる際、PASMOを作って5000円くらいチャージして事前に郵便で送った事があります。切符を買う手間が省けるので大変重宝したと喜ばれました。

ただ、まぁ、プリペイド型の乗車カード(テレカみたいなカード)しか知らなかった両親には、最初、非接触型のカードの使い方が分からなかったようです・・・困って、駅員さんに聞いたそうです(笑)

確かに、空港ではあんまりSuicaやPASMOを使っている人は多くないのかもしれませんが、周りを見れば分かりそうなものですけどね・・・。
posted by new_world at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

東京の美味しい水

『あと10年で東京の水が完成する。』続きを読む
posted by new_world at 21:59| Comment(2) | TrackBack(2) | 東京の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。