2010年01月11日

成人式の出席率

本日はハッピーマンデーの成人の日でした。

個人的にはハッピーマンデー政策は、違う日に誕生日を祝うような、祝日の祝う理由をないがしろにしている感じがしていまいち賛同できませんが、地方の成人式の出席率の向上にはたぶん貢献しているんでしょうね。

聞いた話ですが、日本のように全国規模の成人式を行う国はあまりないそうで、世界で10番目の人口を誇る我が国でこのような伝統行事が残っているのは悪いことではないのでしょう。

ただ、「成人式=暴れる新成人=怒る首長」的な連想ができるほどすさんだイメージがありますけどね。

講演している人に向かって暴言を吐いたり、路上で大騒ぎをしたり、こういう迷惑行為は幼稚園生以下か国会議員にしか許されてないのに、最近の若い人たちは「今日までしか出来ないから」というかなり間違った認識で、また今日も暴れていたようです。

ところが、これだけ「荒れた成人式」ですが、意外と出席率は維持できているようです。ネットで少し調べただけなんで、信頼性がどの程度あるかは分かりませんが、2007年で全国平均68%くらいということです。民主党政権で荒れた先日の衆議院選の投票率が69%でしたので、68%はまずまずの出席率だと思います。

しかも、近年、上昇傾向がある自治体が多いようです。

要因はいくつかあるようで、新聞等には「大学の出席率に見られる様に真面目な若者が増えたこと」「携帯電話の普及で小中学生の頃の地元の友人とつながりが残っていること」「自治体がアピールしていること」などがあげられていました。

確かに、携帯電話の普及で今の新成人などは小中学生の頃から携帯電話を持っていた人も多いでしょうから、私の世代のような「高校から携帯」世代よりも地元のネットワークが強いのでしょう。連絡手段があると、成人式を機会に連絡を取って、その連鎖が出席率を向上させるかもしれません。

まぁその点で言うと、私は地元、特にご近所のネットワークは皆無に等しいんですね・・・

生まれてから中学に入るまで全国各地を2〜3年で転々としていた上に、最後の中学校は病気で2年ほど休んいたこともあって、ご近所の同級生は、偶然同じ高校に来ていた人くらいでした。しかも、県トップ校で広域から集まっていたので、ご近所の人はほとんどいませんでしたし、そもそも卒業してまだ2年の高校の同級生に成人式であう必要はいまいちないですしね。

まぁ、それだけが理由ではないですが、私は成人式いかなかった人です。

ただ、もし私が転勤族じゃなくて地元意識があったとしたら、もしかしたら、出席していたかもしれません。

成人式への「出席率」と、その世代の「地元志向度」は相関するのかもしれません。


posted by new_world at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

コピペルナー

正直、このありがちな、ベンチャー精神の満ち満ちたネーミングセンスはどうかと思いますが、発想は面白く、需要はそれなりにありそうな新商品です。

その機能は・・・「コピペ自動発見機能」、すなわち、「丸写しレポート発見機能」です。不真面目な学生を駆逐するツールです。

これまでは生真面目or性格の悪い教官の影ながらの手作業によってなされていた検閲を自動にこなす、ありそうでなかったツールです。教授自らグーグル検索をせずともコピペしたレポートはその元ネタサイトまで示してくれます。

また、必要性は微妙ですが、その文書のコピペ使用率も出してくれる優れものです。満点(100%)近い数値をはじくと、その学生の成績はピンチです。

これらの基本機能だけであれば、教育機関なら1ライセンス9000円で入手可能で、意外とお手頃な価格です。

コピペルナー.jpg



学生時代(といっても2年前ですが・・・)、コピペなんてことを考えたこともなかった(というか、理系なのでネットに情報がなかった)私にはあまり実感はありませんが、ちまたではコピペレポートが溢れているそうです。由々しき事態ですよね。時間に制限なく勉強できることがどれだけ素晴らしいことか分かっていません。

まぁ私も勉強漬けだった訳ではないですが、それなりに勉強はしてましたし、勉強をそれなりに楽しんでいました。このブログにも結構そういう記事があります。

このソフト自体はあら探しツールなのであまり好きではないですが、学生の方々にはしっかり教養を身につけていただきたいものです。
posted by new_world at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

世界でも、日本でも、最も栽培されている野菜

世界でも日本でも一番栽培されている野菜の中の野菜は・・・トマトです。(生産額ベース)

確かにヨーロッパ等ではトマトは様々な料理に使われていて、たまに投げられたりもして、極めてメジャーな野菜なのかもしれませんが、日本でもNo.1なんですね。知りませんでした。

ケチャップとか調味料としても結構使いますしね。

ただ、20年くらい前は、日本ではキュウリが一番(生産額ベース)だったそうです。

そのトマトの遺伝情報の概要が解読されたようです。野菜の遺伝子解読は穀物等に比べ遅れていて、ジャガイモ、キュウリに続いて3例目だそうです。

世界一のトマトですが、遺伝情報の世界ではキュウリに負けたようです。(まぁジャガイモのは主食系の植物ですので・・・)

そういえば、ハイポニカで栽培されたトマトの木の写真を見たことがありますが、トマトって一つの種から相当な数の実をつけられるそうですね。

そういった部分についても、遺伝学的にアプローチしていくんでしょうね。多収穫の遺伝的要素を付加・強化した様々な遺伝子組み換え植物を工場で栽培する、みたいな時代が案外近いのかもしれません。

そういえば、日本では嫌われ者の遺伝子組み換え野菜ですが、国外では案外受入れられているものも多く、大豆なんかはアメリカでは既に組み換えかどうかの区別も難しくなっている(ほぼ100%が組み換え大豆)と言う話を聞いたことがあります。

醤油や豆腐、納豆、味噌、あとは、きな粉や枝豆として親しまれている大豆ですが、日本で消費される大豆の70〜75%がアメリカからの輸入大豆です。

豆腐等には「遺伝子組み換えでない」と書かれていますが、正直、その他の食物で使われていて、結局私たちは結構な量の遺伝仕組み換え大豆を食べているようです。

と、話がそれました、トマトの話でした。

トマトはナスの仲間です。ちなみに、ジャガイモのナスの仲間です。
それでポマトなどという不思議植物を作ってしまった科学者がいました。あれは確か、ノーベル賞を多数出している世界有数の研究機関であるマックス・プランク研究所で出来たものだった気がします。

細胞融合によって作り出された新種の植物でした。野菜としては全く使えなかったようですが、たぶん、植物の細胞を初めて融合させた研究成果だったと思います。


まぁ話があちこち飛びましたが、私の嫌いなトマトの話でした。

生のトマトは比較的好きなのですが、トマトジュースは野菜ジュースに入っているだけで吐き気がするんですよね・・・ケチャップもあまり得意じゃありません。
posted by new_world at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

永谷園と山本山

今朝の日経で知ったのですが、実は両方とも、源流は江戸時代のお茶屋さんだそうです。

300年と少し前の江戸時代、今の煎茶を発明した(とされる)のが永谷さんで、その150年くらい後に、玉露を生み出したのが山本さんらしいです。

「煎茶を発明した」と言われている永谷園のご先祖の永谷宗円は、宇治でお茶を作っていた人で、実は、「煎茶を発明した」と言うよりも、宇治の煎茶を江戸に持ち込み、「江戸庶民のお茶の概念を覆した」人みたいです。

当時、庶民のお茶は赤っぽくて薄い粗末なもので、それが普通だと言われていた中で、永谷宗円は今の煎茶と同じ奇麗な緑色のお茶を作って広めました。

その偉大な功績から、伝説的な感じで「煎茶の始祖」とか言われたりもするようです。

そして、実は、その、江戸に「永谷宗円の煎茶」を広めたのが山本さんだったのです。山本さんはお茶や和紙を売る人で、新しい煎茶の素晴らしさに目をつけ、それを江戸に持ち込み、ブームを起こしたのです。

また、それから150年くらい後に、山本山はお茶の製法を工夫して玉露を生み出します。玉露という名前は元々は山本山の商品名です。

そして、戦後、現在の永谷園の創業者は、実家のお茶製造業を再興する為に、「お茶づけ海苔」を売り出します。その路線を貫いて、今の永谷園があります。

山本山はお茶を続けるとともに、江戸時代から売ってきた和紙を改め、海苔に転向します。
和紙も海苔も材料を薄く延ばして作るのは同じで、山本山の山本社長が言うには、「色が白から黒になり、食べられる様になった」とのこと。
posted by new_world at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

6次の隔たり

「6次の隔たり」と言う仮説(俗説?)があります。

これは、「ある任意の人物まで知人経由で6人くらい通過すれば大体たどり着く」というもので、例えば、「オバマ次期米国大統領ご愛用の携帯電話の電話番号を知っている人」は、私の知人か、その知人か、その知人か、その知人か、その知人か、その知人、という事です。加えて言えば、オバマ氏に連絡をとるにも同じくらいの回数で済むと言う事です。

もちろん、これには確かな根拠はなく、たまに実験してみる人や団体があるようですが、まぁ上手く行く事も多いみたいですが、なかなか確証を持てるようなデータは出ていないようです。

ただ、ある程度、範囲を絞る、つまり、比較的共通点のある人物同士であれば、結構すぐにたどり着くようです。同じ職業とか。

また、対象となる人物の顔の広さにもよりますね。政治家などの著名人の場合、情報を集める強いパイプを持っているので、案外すぐにたどり着くかもしれません。

上手く行った実験例もありますが、そういったものは、ある程度縛りをつけていたり、または、交友関係の広い著名人を対象にしていたり、一般性に欠ける事例がほとんどです。

まぁでも、信用できると言うほどのものではありませんが、世界は案外狭いものだ、というのが結論みたいですね。
posted by new_world at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

普通預金の金利

銀行に入るまで考えもしなかったのですが、普通預金の金利って実は銀行によって微妙に違うんですよね。

メガ三行とりそな、あおぞら銀行は0.2%ですが、郵貯は0.21%、セブン銀行やイオン銀行は0.25%です。

メガバンクでも残高によって変動する預金や通帳を発行しない口座において金利が優遇される物などがあります。

たとえば、
三菱東京 10万円以上 0.25% (スーパー普通預金)
三井住友 30万円以上 0.26% (one's plus)
りそな  無通帳    0.24% (TIMO)

三菱は多段階になっていますが、現在は10万円以上は同じようです。

ちなみに、新生銀行は残高によって変動する普通預金しかないようで、100万円未満0.11%、100万円以上300万円未満で0.2%など(更に段階的にあります)です。


まぁただ、いまの金利状態では微々たる物ですけどね。

0.01%の差=100万円で100円の差ですからね・・・まぁ口座を切り替えると100万円で年に500円くらいの差ですかね。ただ、もともとの金利が低いので利息の増分だと+3割くらい(0.2→0.26%の場合)になりますが。(100万円の預金で2000円→2600円)ちなみに、微々たる利息から更に2割の税金が引かれますので・・・

まぁ今後、もし金利が上がった場合には、違ってくるかもしれません。
posted by new_world at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

サブプライム問題が地球を救う

最近思うんです。サブプライム問題が地球を救うんじゃないかって。

というのは、サブプライム問題でアメリカを中心とした各国の景気が悪くなり、消費が低迷しますよね。そうすると、大量消費の人々が節約するんで、生産量も減りますし、ゴミなども減りますよね。そうすると、生産にかかる材料や燃料が減り、ゴミを処理するための燃料も減り、ゴミによる環境への悪影響も少なくなる事になります。

そして、株安を嫌がり、また、米国の利下げで手元に余った資金が資源(金属や原油など)に流れ込み、実際の需要以上に資源価格が上がります。そうすると、各企業は経費削減を行い、また、新しい太陽光発電技術など原油などに頼らない次世代エネルギーの技術開発や大型発電施設の建設へ動きます。更に、消費者も省エネ製品を多く購入し、また、遠出を避けるなどガソリンや電気などの燃料使用量も減ります。

これは諸々地球温暖化防止の対策と一致しますよね。

これまでなかなか実現しなかった色々な事が実現しています。

人間、厳しい経験をしないと成長しないと言いますが、国や世界も同じなんですね。実際に厳しくなると人間はあの手この手を駆使して生き延びようと頑張ります。まぁ切羽詰まらないと何もしないとも言えます。

原油高は必ずしもサブプライム問題のみが原因ではありませんが、この苦しみの連鎖により、太陽光発電や風力発電が一般化し、また、新しい技術もどんどん開発され、製品でも低燃費の自動車や省エネ家電が主流となり、更に燃費のいいエネルギーを食わない製品が開発されていくでしょう。

まぁこれだけで地球温暖化は解決するとは思えませんが、このサブプライムローン問題をきっかけに、世界がよりエコな方向に進んでいるように私には見えます。

あとは、この厳しさに本当に耐えられない人たちなどへの支援などが課題ですかね。
posted by new_world at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

毛虫にさされたら

毛虫がでる季節になってきましたね・・・嫌な季節です。

まぁ今はあまり縁のない毛虫ですが、中学〜高校の頃に住んでいた父方の祖父の家(今の実家)の庭には木がたくさんあったので、結構毛虫がいました。さされた事はなかったですが。

実家では二月に一回くらい消毒をしているのですが、消毒の後には相当落ちてきますね・・・

ところで、毛虫にさされたとき、どうしますか?

最初に手に取る道具は「ガムテープ」だそうです。

毛虫の毒針(毛)を取り除かないといけないんです。毛虫の毛は蜂の針と異なり、とても小さく、また、もろい物も多いようです。そのため、ピンセットではなく「ガムテープ」が最適だとか。また、毒針毛を取り除く前にこすってしまうと、バラバラになって取り除くのがかなり困難になるそうです。そして、一体に毒針毛が広がって、かなり広い範囲がかぶれてしまう事になります。

なので、毛虫に刺されたら、ガムテープを探してください。

そして、すぐに流水(+石けん)でしっかり洗って下さい。
posted by new_world at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

マイレージと節税

政府は、国家公務員が出張時の飛行機でマイレージを貯める事を自粛するように求める方針を出したそうです。最近、タクシー接待の問題で国家公務員に対する批判が強まっている事を受けたものと考えられます。ただ、そうなると、マイレージをみすみす逃してしまい、儲かるのは航空会社と言う事になります。

そこで政府は、「団体がマイレージをためる事はできないか」という交渉を航空会社と進めているようです。まぁ、数年前、同様の提案をした際は「マイレージは個人に提供するものだ」と航空会社側に断られているそうですが・・・。

ただ、もし、マイレージを企業や官庁が使えるようになれば、節約になるでしょうね。マイレージって消費税よりも高い事も多いので。

もし5%の航空費が節約されれば、相当額の税金が節約されると思います。

本来、マイレージはお金を払った人に還元されるべきものなので、団体に渡るのが正しいと思いますけど、制度面で色々と問題があるんでしょうね。
posted by new_world at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

仙台における緊急地震速報の活躍

今回の東北地域での地震で、昨年実用化された気象庁の早期地震警戒システム(緊急地震速報)が発動したそうです。(3回目だそうです)

気象庁の緊急地震速報は2007年10月に世界に先駆けて実用化された瞬時地震速報システムで、日本全国にある約1000箇所の地震計からの情報を気象庁が集約し、地震が起きた際にはそれを瞬時に分析し、数秒〜十数秒後に情報を発信する事ができます。

簡単に言えば、地震情報を地震波以上の速さで伝え、地震波がくる前に警報を鳴らそうというシステムです。

油断している一般市民にはそれほど役に立たないシステムですが、例えば、災害に対する危機意識の高い病院や鉄道などでは極めて重要なシステムです。

もちろん、地震情報を分析して伝える速さにも限界があるので、地震波を追い越せない地域、つまり、震源から近い地域では速報が間に合わないのですが、ある程度離れた場所に大都市がある場合などには大きな効果が得られます。

今回の地震では、地震速報は地震感知から4秒程度で第一報がでたと言われており、地下鉄などでも10秒後くらいには行動を開始できたようです。この10秒で地震波のP波(初期微動)は50〜70km進んでしまいますが、今回の地震では震源から100kmほど離れた仙台でも震度5強を観測していますので、大地震の際の被害域を狭くする事はできそうです。

今回の地震では、仙台の地下鉄が地震波(P波)到達の約5秒前に減速を始めることができたと言う事です。

地震後半の主要動(S波)はP波よりスピードが遅く、100km先では到達は25〜30秒後なので、それまでには相当な準備ができると思います。

これまで、エレベーターや電車などは初期微動を感知し、それを受けて直後に来る主要動へ対応する、という方針でしたが、このシステムによって、震源から一定の距離があれば初期微動よりも前に対応を始める事ができるようになりました。

今回は仙台において一定の成果が得られたと言えます。

現在の科学技術では地震が起きてからしか対応ができないので、現状ではこの地震速報システムの技術進歩に頼るしかありません。今後もこれまで通り、システムの処理スピードの向上や(海底などへの)地震計の増設などで、より高速な警報発令を目指していく事になると思います。

まぁ地震“予測”システムが実現する事が一番なんでしょうけどね。

地震の予測はまだまだ難しいようです。
posted by new_world at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

2010年問題

製薬国内3位第一三共がインド最大手の製薬会社ランバクシーを買収して、売上でアステラス製薬を抜き国内2位に浮上するようです。

買収金額的には3〜4000億円、最大で5000億円と言う事で、4月の武田製薬による米ミレニアム買収(約9000億円)ほどではないですが、昨年末の国内4位エーザイによる米MGI買収(約4100億円)とほぼ同規模となりそうです。

最近、2010年問題として騒がれていますが、これから5年ほどで、日本の製薬会社の収益の柱となっていた看板商品の特許がアメリカで次々に切れます。

特許が切れたから売れなくなる訳ではないのですが、近年世界中でジェネリック医薬品が広まっている事から、特許切れの薬の売上は急激に落ち込むと言われています。

薬は、ヒット商品は一つで1000億円レベルの売り上げを生みます。国内製薬大手の売り上げが1兆円前後ですので、どれだけヒット商品の特許切れが大きいか分かると思います。

新しい薬を開発してそれを新たな収益のはしらにするのが一番なのですが、新薬の開発は難しく、また、近年、アメリカを中心に新薬臨床試験の厳格化などが進んでおり、新薬を発売まで持ち込むのが難しい状況になっています。

そこで今、大きく分けて2つの買収が行われているように思います。

一つはベンチャー企業の買収。つまり、新薬候補や優れた技術を持つ中小規模のバイオ企業を買収してしまうと言うものです。武田のミレニアム買収はまさにこのタイプの買収なのですが、このタイプの買収には青田買い的な要素があり、「本当にその買収金額に釣り合う収益を生むのか?」という懸念がつきまといます。エーザイの買収したMGIもがん治療に強みを持つバイオ企業です。基本的に、大手の製薬会社は新薬メーカーであるため、こちらの買収が多いようです。

そして、もう一つ、今回の第一三共が買収したインドの製薬会社ようなジェネリック医薬品に強みを持つ企業の買収です。ジェネリック医薬品は特許切れの物質を用いた安価な薬の事ですが、近年、その安さから世界各国で急速に広まっています。そのジェネリック医薬品の開発・販売に強みを持つ企業を買収する事で、ジェネリック医薬品部門でも稼いでいこうと言うものです。


この数々の買収の裏には、特許切れと言う問題以外にも日本の製薬業界の抱えた問題があります。

実は日本は医療先進国でありながら製薬会社は小規模のものが乱立すると言う状況が今での続いています。国内最大手の武田製薬ですら世界的に見たら14位程度で、売り上げは世界トップ層4分の1程度です。

先述の通り、製薬は他業種に比べて一つの商品が稼ぐ金額が大きい特徴があります。

つまり、一つのヒット商品を生み出すかどうかで会社の命運が決まってしまうと言っても過言ではないんです。

そのため、製薬では特に、規模の力が優位に働きます。つまり、大規模に新薬開発が行えるほど、優位に立てるのです。海外の製薬大手ほど巨額の資金を研究開発に充てています。

それで欧米では製薬会社の業界再編が進み、現在、売上が3〜5兆円という巨大企業がいくつもできていて、それぞれが研究開発に多額の資金をつぎ込んでいます。

それに対し、日本国内では、2005年に藤沢薬品と山之内製薬が合併してアステラス製薬ができ、また、第一製薬と三共が合併して第一三共ができましたが、それでも武田、第一三共、アステラスの上位3社の売り上げはどれも1兆円前後で、世界的に見ればかなり下位の方です。

規模が小さいので、研究開発力に劣ります。新薬メーカーとして生き残っていくためには優れた新薬開発力が必要であり、それで、有望な新薬候補を持つ海外のバイオ企業を次々に買収している訳です。

国内でも、キリンホールディングスによる協和発酵の買収などもありましたが、昨年はアステラス製薬が米アジェンシスを、エーザイがモルフォテックとMGIファーマを買収し、今年に入っても武田のミレニアム買収、第一三共の独ユースリー買収などがありました。

もう、あまりに多くてどこがどこだったか分からないくらいです。それくらいに、各社とも買収攻勢に入っています。

今後、製薬業界がどういう変革を遂げるかは分かりませんが、まだまだこの流れは止まりそうにありません。

ただ、企業の生き残りと言う点ばかりが報道されていますが、製薬会社は「薬」を作る会社です。

「薬」は、命を救う商品、優れた薬は、多くの人の命を救ってくれます。

私は、これらの企業買収が、多くの人の命を救う事につながる事を祈っています。
posted by new_world at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

ロンドンだから・・・

ヒースロー空港、大変ですね。

ヒースロー空港はロンドンにあるヨーロッパ最大の空港で、27日に新しく第5ターミナルが運用開始されたそうですが、今回の新ターミナルの目玉の一つであったはずの「預け荷物の新システム」の導入に失敗、初日から多数の欠航に追いやられています。


今回の新ターミナルは数十の旅客機を同時処理可能で、チェックインや多数の預け荷物の処理などをスムーズに行えることを売りにし、総工費43億ポンド(=約8600億円)をかけて建造されたイギリス最大級の建築物です。

ちなみに、中部国際空港セントレアの建設費用は6400億円だといわれていますので、ターミナル一つのためにセントレア以上の費用をつぎ込んだことになります。


ところが、充分にリハーサルを行ったうえでのオープンだったはずが、最初の便から預け荷物の処理にトラブルが生じ、最大で数時間もの遅れが生じ、多くの便が欠航に追いやられました。原因は施設の問題ではなく職員の新システムに対する習熟度の問題だったとか。

このターミナルを専用で使うことになっているイギリス最大の航空会社BAなどは、このターミナルを“新時代の幕開け”としたかったようですが、運行が遅れている話を聞いたあるロンドン市民は「ロンドンならこんなものだよ」と地下鉄などが日常的に遅れる“ロンドンのありふれた姿”にあきらめの表情だったとか。
posted by new_world at 13:31| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

携帯電話のガラパゴス

NTTドコモの低スペック携帯規格(新OS)のニュースで初めて聞いたのですが、日本って「携帯電話のガラパゴス」と呼ばれることがあるそうですね。

外部との交流を殆ど遮断され、独自の進化を遂げた小規模のグループが乱立・・・確かに、ガラパゴスなど海洋島に見られる生物の特長と一致する点がいくつかあります。

まぁでも、国内の携帯はどれも似通っていますけどね。


日本では高スペック携帯が当たり前で、メールやネットに始まり、カメラやゲーム、音楽、しまいにはテレビやラジオ、GPSやお財布まで、どれだけ機能を付ければ気が済むのかわかりません。

最近よく言われますが、日本ほどスペックが高い携帯が広まっている国は無いそうです。

その特徴を示すのが利用料金中のデータ通信料の割合で、数年前のデータでしたが、日本の利用者が払う携帯料金に占めるデータ通信量の割合は際立って高いそうです。つまり、日本人は通話以外に携帯を多用するという事です。

もちろん、各国で料金システムが違うので料金比較に意味があるのかという疑問もありますし、データ通信の場合、利用頻度に加え利用内容(質、種類など)も料金に大きく影響します。また、定額制により上限が抑えられているという点もあります。

ただ、日本人の携帯の好みは独特なんだと思います。携帯電話をケータイと呼ぶように、もはや、電話という意識が無いんじゃないでしょうか。

私の携帯の使い道も@メールAネットB電卓C漢字変換D音楽E電話くらいな感じですし・・・電話なんて、よほど急な用事があるときにしか使いません。

そういえば、携帯だけでなく、私たちも離島の住民でしたね・・・。


日本はさまざまな点で大陸の他の先進国とは異なる性質を持っているといわれています。

好みや性格が他から“ずれて”いるので、たとえば、海外の企業が日本に進出するときなどは大変だそうです。ただ逆に、面白い反応が得られる可能性もあり、また、それが大陸の先進国での発展につながることもあるようです。


“ユニーク”はプラスの意味もあるんですよね。

たとえば、技術や文化というものは、自然界の生物種と異なり、必ずしも離島だから淘汰圧が低くなるわけではありません。

確かに、他とは異なる特性を持っているかもしれませんが、これが必ずしも他の地域に負けるというわけではないんです。

日本だから出来る、そういうことになるかもしれないんです。

今回NTTは海外にも提供可能な規格の携帯の開発を進めることを決めましたが、その過程で、もしかしたら日本の独自性を生かして世界を席巻することもあるかもしれません。現在のところ規模はありませんが、潜在能力はあるはずなんで。

今は名も無き携帯大国ですが、本当の意味での携帯大国になる可能性を秘めていると思います。

まぁ逆に海外勢の流入で負けちゃうかもしれませんけどね。

それはやってみないとわかりません。

5年後、10年後の日本や世界の携帯電話が楽しみです。

posted by new_world at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

神戸ルミナリエの危機

今年の神戸ルミナリエが昨日閉幕したそうですね。

今年の来場者は12日間で約404万人(のべ)で、昨年よりも60万人ほど少なくなっているそうです。

昨年よりも2日間短くなっているので一日あたりの来場者はかわっていないそうですが、行きたいと思う人は期間内に行くでしょうから、期間短縮だけが来場者減少の理由ではないでしょうね。

もう始まってからかなり経ちますからね・・・あの震災からもうそろそろ13年になります。

とはいえ、相変わらずかなり大勢の方が押し寄せているようですね。

始まって10年ほどはクリスマスに行われていたそうですが、あまりに大勢の来場者が来るため、近年は時期を前倒して開催しているそうです。

ただ、このルミナリエ、料金をとる訳ではないので、必ずしも大勢の来客が開催者側のプラスには働かないみたいです。もちろん、たくさん来た方が経済効果は大きいのでしょうけど、開催者側の懐はあまり暖かくなっていないようです。

あれだけの規模なので設備費用や電気代もかさむと思いますが、実は、人件費もかなりかかるそうです。

2001年に、明石の歩道橋で花火大会の客が転倒して11名もの死亡者を出す惨事がありましたよね。ああいった事態をさけるために大勢の警備員を配置しなければならないので、その人件費がかなりかかるそうです。

それなのに、企業からの協賛金は年々減少しているそうです・・・

10年以上も続けているので協賛企業の関心の低下もあるのでしょうけど、中心的な協賛企業であるJR西日本が2005年に起きたJR福知山線の事故の影響で大打撃を受けたり、兵庫県や神戸市からの補助金が2005年に打ち切られたりしたことも大きいようです。

開催費用が6億円かかるのに、去年はその半分にも満たない2億8千万円しか協賛金が集まらなかったそうです。

開催者側もいろいろ手を尽くしたようですが、2005年からは赤字となり、去年までの2年間で7000万円以上の赤字がでているそうです。

それまでの収益金である繰越金も残り1300万円・・・普通に考えて、去年までのままだと確実に今年でマイナスになります。


それで、今年は会場での募金活動などを本格的に行って一生懸命資金集めに精を出しているそうです。

赤字を押さえ込み、来年以降にルミナリエをつなげるためには1億円程度の募金が必要だそうですが、現在発表されている8日目の段階で募金額は約4795万円。8日までの来場者は全体の6割程度なので、うまくいって ギリギリって所でしょうか・・・。

そもそも、ルミナリエはただのお祭りではなく、阪神大震災における6千人を超える死者に対する追悼や街の復興が背景にあるのですから、募金するのは当たり前のような気はします。

今年はサブプライムローン問題で経済が減速気味な上に原油高のあおりで物価は確実にあがっていて(電気代も上がり)お客さんや協賛企業の財布のひもは厳しくなって、運営側にとっては泣きっ面に蜂な状況かもしれませんが、なんとか運営資金を確保して、来年もこれまで通り開催できるといいですね。
posted by new_world at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

クレジットカードの限度額

最近忙しくてここも殆ど更新されてません・・・気付けばもう11月です。

そういえば、クレジットカードの限度額って各月の限度額ではないんですよね。私が一番使っているクレジットカードでは、期間の一月後に請求が来るので、実質2ヶ月分の使用に対して限度額が決められていることになります。

たぶん、どのカード会社にも当てはまると思いますが、「限度額」というのは「クレジットカード会社の立て替え額の限度額」なんですよね。

たとえば、9月1日〜9月30日までの支払が11月1日にある場合、10月中は9月分の支払が行われていないので、請求がまだ来ていない9月分と現在利用中の10月分の二月分をカード会社に立て替えてもらっていることになります。

この場合、(請求日にきちんと払うのであれば)支払限度額は2ヶ月分の支払限度額ということになります。

引き落としとかではなく自分で振込みに行く形であれば、請求書の金額と、振り込むまでの期間以降の使用分の全体が限度額にかかってくることになるんです。


まぁ説明するとごちゃごちゃしますが、最初に書いたとおり、限度額というのは“カード会社に立て替えてもらえる”限度額ということなんですよね。


クレジットカードで複数の高い買物をする場合には少し気をつけた方がいいかもしれません。
posted by new_world at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

吉田神社の参道と石柱

吉田神社の参道です。節分のお祭りの時にはここに露店が並び、3日間で数十万の人が訪れます。左右の生垣は大学で、京都大学の正門もこの参道に面しています。

吉田神社の参道@


















吉田神社の参道A
















それほど長くはなく、交差点から鳥居が見えます。




そういえば、この「吉田神社参道」の石柱の裏には「京都帝国大学総長松井元興書」って書いてあります。この松井総長は昭和8年(1933年)から4年間、京都大学の10代目総長を務めた方です。(退官後、立命館大学の5代目学長にもなっています)

吉田神社の参道は京都大学の正門への入り口でもあり、この石柱はある意味、吉田神社と京大との友好の証なのかもしれません。

石柱の裏側
posted by new_world at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

紙粘土

紙粘土って、細切れの紙と糊で作るんですね・・・捨てるときは可燃ゴミだそうです。
posted by new_world at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

57枚の500円玉

年末なので少し片づけをしています。散らかりすぎていて収容可能人数1名未満の私の部屋は、ちょっとやそっと片付けたくらいでは歩くスペースすら生じないのですが、一応年末なので形くらいは整えておきます。まぁ散らかってるのは殆ど本ですが。

片付けついでに、小銭の整理をしました。

まぁ硬貨を片付けるという感覚が普通はないのかもしれませんが、私は硬貨をあまり使わない人間なので、硬貨はどんどんたまります。

1年半ほど前に1回だけ銀行に持って行ったことはありますが、軽く1000枚以上ある小銭を預けるには窓口に持っていかないといけないんですよね。面倒です。

それで、たまる一方・・・。

まぁ一人暮らしで出来るおつりですので高が知れていますが、1年半ためると結構な量になります。


その中で興味深いのは500円玉の数です。

小分けしてしまうと60枚弱で、片手で持てる量ですが、500円玉って1回のおつりでは1枚以下しか来ないんですよね。

つまり、60枚の500円玉が集まるには、500円以上のおつりが来る買物を60回しないといけないんです。

そう考えると、手元にある57枚の500円玉の存在価値というか、重みが増す気がしましたね、何となく。



そういえば、500円玉って、今広く流通している硬貨の中では世界で最も高額な硬貨らしいですね。以前はヨーロッパにも同程度の硬貨があったそうですが、ユーロに変わったので無くなったとか。

その所為で偽造が多いんでしょうかね。

日本人にとっては当たり前の500円玉ですが、アメリカだと1ドルコインなどは殆ど流通していなくて、1/4ドル(約30円)が実質最高価値の硬貨らしいです。1ドルからお札ですしね。


硬貨は紙幣に比べると重くて価値も低いですが、ある種の“道具”として造幣局の人たちが作っているものですので、私の部屋でくすぶっている1368枚の硬貨も、本来の働きが出来るように近々銀行に持っていって通帳の“数字”に変えてあげたいと思っています。

まぁ銀行に預けた硬貨がその後どう扱われるのかは知りませんが、たぶん、誰かが回してくれるんでしょう。
posted by new_world at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

エスカレーターのアナウンス

どうでもいいことですが、最近、エスカレーターのアナウンスを聞いて、しみじみ(?)感じたことがあります。

「降り口付近で立ち止まらないでください」

・・・混雑しているエスカレーターの降り口で立ち止まられると、大変なことになりますよね。当たり前のことですが、妙に納得してしまいました。

黄色い線の外側に立って、手すりを持たず駆け上がっても多分大丈夫ですが、エスカレータの降り口で立ち止まると後ろの人に多大な迷惑をかけることになります。
posted by new_world at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

分譲型ホテル

ハワイのワイキキビーチに建設中の分譲型ホテルに2000件を越える購入希望があったそうですね・・・

私の親戚にもハワイに分譲型ホテルのようなものを持っている人がいますが、なかなか面白い形態ですよね。詳しく走りませんが、一年のうち10ヶ月くらいはキッチン・家具付きホテルとして貸して、2ヶ月くらいは別宅として(友人や家族用)にあけておく、みたいな感じらしいです。
ただ、一泊の宿泊費が今私が借りているアパートの家賃1月分と聞いて、やっぱ、ホテルなんだなっておもいましたね・・・ホテルのように広い庭やプールがあったり、毎日掃除や洗濯をしてくれる人もちゃんといるそうです。価格はちょっと高めのマンションくらいだったとか。

家をいくつも持っていても無駄なので、1日単位で貸せるホテル形式というのは賢いです。まぁでも、殆ど投資目的みたいで、自分で泊まるのはおまけみたいになっているようですが。株と株主優待と似た感じですね・・・
posted by new_world at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

エスカレーターでの追い越し

あれ、本来は禁止らしいですね・・・知りませんでした。危ないということらしいです。

でも、エスカレーターにじっと立ってるのって、じれったくないですか?

私は、別に急いでいなくても、スペースがあればついつい追い越してしまいますね・・・お年寄りや子供でも安全に使えるようにスピードを落としているんでしょうけど、やはり、あのスピードはちょっとイライラです。

まぁでも、個人的には、スピードアップよりも、横幅を1.5倍くらいに広くしてほしいですね。そうすれば、追い越しも楽で安全になりますし。まぁ設置スペースや電気代、モーターとか、色々問題があるんでしょうけど。


あと、言われるまで考えたこともなかったんですが、エスカレーターのスピードって変更可能なんですよね。法律では上限だけが定められていて、速度は設置者が決めているそうです。時間に応じて変更したりも可能だとか。

そういえば、父の勤めている病院のエスカレーターは恐ろしく遅かったです・・・お年寄りの利用が多いからでしょうけど、あれは、精神的によくないです。
posted by new_world at 05:01| Comment(6) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

食物連鎖

とうとう蚊に刺されました・・・今年度第1号の虫刺されです。

蚊に刺されるたびに思うんですが、蚊に吸われた血ってボウフラになるんですよね。

蚊は通常植物の汁や蜜を餌にしていますが、メスの蚊は卵を作るのに必要なタンパク質を得るために動物の血を吸います。そして、吸われた血は卵になり、ボウフラになるわけです。


ヒトが他の動物の糧になっているんですね・・・


ヒトは基本的に捕食者なので、細菌やウイルス、寄生虫を除けば、自分の体から直接他の生き物が作られることって少ないですよね。

「ヒトが食べられた」というような話は、動物園とかではあるかもしれませんが、とりあえず、今の日本では聞きません。

日常で生きているヒトを“エサ”にしているのは、血を吸う蚊とかダニとかくらいでしょうね・・・
posted by new_world at 00:33| Comment(5) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

パラサイトシングル

最近、パラサイトシングルが増えているそうですね。

国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、25〜29歳男性の64.0%、女性の56.1%、30〜34歳男性の45.4%、女性の33.1%が親と同居しているそうです。続きを読む
posted by new_world at 09:50| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

電子チラシ

昨日のWBSで、凸版印刷が開発した電子チラシ「リアルトレンド」が紹介されていました。続きを読む
posted by new_world at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

喜ぶ首相

新聞に小泉首相がヨルダンでラクダにのってはしゃいでいるという記事がありました。

確かに、喜んでそうです。

あんなに感情をよく表に出す政治家って他にはいないですよね。いつも怒っているような政治家は結構いますけど。

まぁあの表情が本心なのか計算なのかは私には分かりませんけどね。
posted by new_world at 21:42| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

制限速度、なし。

ドイツの高速道路であるアウトバーンでは、乗用車には“基本的に”制限速度はなく(大型車にはあるそうです)、交通量が少なければ時速200kmで走ることも可能だそうです。

まぁ、最近は、速度制限を設ける区間が増えて、半数以上が速度制限のある区間になっているようですけど。

ただ、デフォルトは無制限のようです。

ちなみに、アウトバーンには料金所はなく、大型の車両以外は無料です。

大型車の料金徴収のしくみはよく知りませんけど、ETCみたいな感じのシステムがあるんだと思います。
posted by new_world at 12:54| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

愛校心教育

ここ最近、自校についての教育を行う大学が増えているそうです。(国立大の4割近く)

その目的は、「自分の大学の目的を知ってもらうこと」や「愛校心を養うこと」など。続きを読む
posted by new_world at 05:05| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

酸素缶(香り付き)

5月下旬からセブンイレブンが酸素缶(香り付き)を発売するそうです。(セブンイレブンHP)

2秒×約35回分で税込み600円。香りはペパーミントとグレープフルーツの二種類があるそうです。

5月24日に東京・千葉・神奈川で発売、販売地域を順次拡大して行き、6月中旬までには全国のセブンイレブンで発売される予定だそうです。

酸素吸入器というとどうしてもスポーツ選手や登山みたいなイメージがありますが、普通の状態でも何らかの効果があるんでしょうか・・・最近は酸素バーみたいなものもあるらしいですし、流行なんですかね。(あと、酸素水というものもありますね。)


ちなみに、香りをつけたのは“リフレッシュ効果”と“吸った感じ”を出す為らしいです。

確かに、水も、ただのミネラルウォーターより、ミントやレモンなどの香りのついたミネラルウォーターの方が飲んだ気はしますよね(私はあまり好きじゃないですけど)。

空気なら水以上に味がないでしょうから、香りは結構重要かもしれません。

まぁ香りには好みがあるんで、逆効果ということもありますが。

新種の“お香”みたいな感じですかね、数秒ですけど。


まぁ、600円程度ですし、コンビニで手に入るなら、一回くらいは試してみても、とは思います。
posted by new_world at 10:12| Comment(14) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

730

2年って730日なんですね・・・続きを読む
posted by new_world at 03:08| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

父親に『また来てね』

NHKのニュース10のメインキャスターの人も昔、幼かった子供に『また来てね』といわれたことがあるそうです。

このセリフって結構メジャーなんですね。

うちの父親も昔言われたことがあるそうです。

私が5歳くらいまではうちの親は月の半分は当直で家に帰って来れなかったそうです。しかも、帰ってきても深夜、出るのは朝5時台という感じで、起きている子供に会う機会は殆どなかったそうです。

休日も一回は職場に行かないと不安なんだそうで、最近まで休日も午前中は職場に行っていましたね・・・ほんと仕事中毒です。(最近は追い出されがちなようです・・・)


まぁどこの親もそうなのかもしれません。他の家ではどのくらいに親が出勤してどのくらいに帰ってくるとか聞いたことがないので。

テレビとかで残業しているサラリーマンとか見ると、どこの家もそうなのかなぁとか思います。

ああでも、朝食を一緒に食べている風景とかテレビでよくありますね。うちにはなかった光景です。うちの親は6時には出勤していましたんで。

でも、そんなことを考えるようになったのは最近ですね。昔は、平日は父親と会うことがないのが当たり前でした。(私は早寝遅起だったんで。)


あと、うちの父親は休日も呼ばれることがあるのでポケットベルは肌身離さず持ち歩いていました。それが父親のイメージですね・・・。食事に出かけても、父親は呼ばれて帰りは母親だけって言うことが何度もありました・・・。

出かけるときよくポケットベルを探していました。

最近は携帯電話とポケットベルの併用らしいです。


ポケットベルが鳴るといつでも起きられるのが父の最も優れた特技ですね・・・夜中に鳴ってもすぐ目が覚めるそうです。隣の部屋でなったポケットベルの音でも起きられるみたいです。
休日に2階で寝ていた父親が、1階のテレビの中のピピピピって音で跳ね起きてきたこともありました。

あれは、ほんと凄いと思いますね。私は目覚まし時計を何個かけても起きられない人間なんで。



今でも朝6時〜夜11時くらいは仕事に行っているみたいです。

たまに父親が9時過ぎに帰ってくると『今日は早いね』って皆から文句(?)言われています。


そういう仕事熱心な父親を凄いとは思いますが、自分はそういうハードな職業は無理だと思ったんで、なんか違う方向に進んできています。まぁどうなるかは分かりませんけど・・・。
posted by new_world at 23:03| Comment(7) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

解剖が出来ない生物部

私の弟の通っている高校では、動物の解剖が禁止されているそうです。授業では勿論、部活動でも公式には解剖は出来ないそうです。弟は獣医学部を目指しているのですが、解剖は全くしたことがないそうで。

その理由は、その高校が仏教系の高校だからだそうです。

解剖は仏教の教えに反するみたいで、昔、生物部の実験の記事が広報(?)かなんかにあったとき、OB会から猛烈な抗議があったとか。

まぁ仏教系の高校だから解剖が必ず禁止な訳ではないみたいですが、そういう高校もあるみたいです。

高校も色々あるんですね・・・。
posted by new_world at 18:02| Comment(12) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

九大新キャンパス ハチ&マムシ注意

九大の工学部に行っている友人が話していたのですが、『新しいキャンパスのそばではハチやマムシが出るらしい・・・対処法が書かれたプリントを説明会もらった』と。

凄い田舎だとは聞いていましたが、まむしの対処法を渡さないといけないくらいに田舎なんですね・・・。


最近はスズメバチが人を襲ったというニュースがよく流れていますね。私の区でも、鞍馬山でスズメバチが人を襲う事故(事件?)が起きています。

秋口は気候もよく餌もまだ豊富で、多くの動物が冬を越える為の栄養を蓄えるシーズンです。そのため、活動が活発化するのです。特に、スズメバチは“肉も食べる”(樹液なども食べる)ので、餌を求めて攻撃的になっているのです。まぁ人間を食べるつもりはないのでしょうが、人間を敵とみなし攻撃しようとする傾向が強くなるのだと思います。

また、熊の生息域と重なる場合は、普通のスズメバチの他に、熊に襲われて“巣を失った”浪人みたいなスズメバチが存在し、それらは本来以上に攻撃的になっています。

更に、今年は少雨の影響でスズメバチの生息に好条件な気候が続き、スズメバチの数も増えているようです。


地域にも寄りますが、一般にスズメバチの活動が最も活発なのは9月〜10月です。最近は人間の郊外進出が進み、スズメバチの生息域に住宅地が出来たりしています。ストレスを受けたスズメバチは攻撃的になりますので、近所でスズメバチを見たことがある場合は、充分に警戒すべきでしょう。

とはいえ、警戒しろといっても、相手はスズメバチ。ミツバチなどに比べ飛行速度は遅いものの、人間の走る速さと同じくらいで飛ぶことが出来ます。しかも、集団で。彼らが集団で攻撃を開始したらなかなか逃げることは出来ないでしょう。

そのため、スズメバチの対処法は『予防』が殆どです。黒っぽい服を着るなとか、刺激するなとか・・・襲われたら諦めろってことでしょうかね。そこらへんは良くわかりません。


ただ、最も恐れるべきことは、色や刺激ではありません。

第二派です。

スズメバチは集合体としての意識が強く、一匹が毒を放出すると、その周辺にある種のフェロモンが充満して、他のスズメバチを呼び、攻撃的にさせるのです。つまり、一匹に刺され、たとえそれが服等で体に刺さらなかったとしても、そのあとに、大量のスズメバチに襲われることになります。また、一人が刺されるとその周辺にいた人たち全員が攻撃対象になることにもなります。


スズメバチとは最低10mは距離をとり、攻撃してきたら、直線的に逃げるのがいいようです。50m6〜7秒くらいで走れば、たぶん、スズメバチは追いつけません。たぶんですが・・・。


経験上、スズメバチは、瞬殺するか逃げるかしかないでしょうね(瞬殺していいかは微妙・・・私はまだ生きていますけど)。業者さんみたいな重装備は出来ないので。
posted by new_world at 17:51| Comment(13) | TrackBack(1) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

世界の今日の天気予報

『世界の今日の天気予報』って日本(やオーストラリア)で最も有効な天気予報ですよね。

日本はその日の最初に朝が来るので。日本の朝に出た天気予報はまだ各地で1日残っています。

ところが、アメリカ西海岸の朝5時には、日本はもう夜の10時です。今日の天気じゃないですよね。明日の天気になります。

まぁ明日の天気を出せばいいんですけど。


勿論、世界は平等ですので、日本の場合、アメリカに対しては昨日の天気も出さないといけないかもしれませんね。日本で朝5時だと、アメリカ西海岸では前の日の正午です。でもまぁ、飛行機でも昨日のアメリカに乗りつけるのは無理ですけど。


というか、世界の天気予報で日にちが出ていない場合って、いつの天気が出ているんでしょうね。

3時間後の天気とか、昼間の天気とかでしょうか。



天気って基本的に昼間の天気を指しますので、世界の天気予報はちょっと複雑です。


まぁでも、日本なら今日の天気をする価値はあるでしょうね。成田を11時に飛び立った飛行機はロンドンには15時30分に着きますし、成田を15時に飛び立った飛行機はロサンゼルスにはその日の朝の9時前に、ニューヨークであればだいたい同じ時刻(15時前)に着きます。

しかし、ロンドンを11時に飛び立った飛行機は、次の日の10時に成田に付くことになるのです。
posted by new_world at 19:05| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私たちが使う道具の多くに傷がありますよね。靴や携帯電話、自動車などです。

自動車に付いた大きな傷は記憶にあることもありますが、それらの傷の多くはいつ付いたのかは分かりません。でも、傷は付いたんです。

当たり前のことですが、全ての傷に原因があると思うと、ちょっと変な感じがします。


私はおっちょこちょいでよく携帯を落とすので、私の携帯は傷だらけです。でも、どの傷も、ちゃんと私がつけた傷です。一つ一つに私の過去が刻まれているんですね。ということは、私の持ち物には、私の過去がぎっしり刻み込まれていることになります。

本の折れ曲がりもそうですし、カーペットのシミも、前期取ったノートもそうです。

それを印した時のことは忘れまてしまいましたが、全て私の跡です。

過去は消え去ってしまったような気がしまいますが、私たちって思っている以上に生きた証しをあちこちに刻み込んできてるんですよね。

他にも、他の人や他の物が残した傷も沢山あります。

道路のへこみや建物の壁のひび、全てが私たち人間が残したものではないですけど、変化には必ず原因があります。


ただ、殆どの傷は、出来たときの状況を想像することしかできません。


でも、人間しかそんなこと想像しませんよね。

木の枝が何故折れたとか、どうしてそこに穴が開いているのかとか・・・まぁ人間でも、私のような暇な人間しかそんなことは気にしないでしょうけど。

地層の縞模様や鮮やかな紅葉みたいな大きな変化は誰の目にも入りますけど、道路の真ん中の小石や川に流されている小枝にはなかなか目が行きませんね。でも、彼らにもちゃんと過去があるんです。

そういうことを考えるのって、私は、とても楽しいと思います。


そういう楽しみは、人間の特権ではないでしょうか。

人間は過去を見る目を持っているんですよね。
posted by new_world at 04:35| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

台風発生器?

産経新聞のWebサイトにこんな記事がありました。

続きを読む
posted by new_world at 20:17| Comment(17) | TrackBack(3) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

ポスト小泉≠ポスト小泉?

『総理大臣が総裁でなくてもいい』続きを読む
posted by new_world at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

カブトムシにもサプリメント・・・

『カブトムシにスイカばかり食べさせると下痢をする』

続きを読む

posted by new_world at 13:52| Comment(6) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

ジャンボジェット機でスペースシャトル輸送

こんな記事がありました。

ジャンボジェットってこういう風にも使えるんですね・・・

というか、スペースシャトルって飛行機の形をしているのに、飛べないんですね。補助ロケットに飛ばされて宇宙に行って戻ってくる。紙飛行機みたいですね。
posted by new_world at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

一家に一台軽自動車?

鳥取県では、100世帯中93.5世帯が軽自動車を持っているそうです。

一家に一台ですね・・・

全国平均は45.8台で、一番低かったのが東京の10.2台。

一世帯の人数が多く、交通機関の発達していない地域で軽自動車はより普及が目立つらしいです。
posted by new_world at 18:12| Comment(6) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛行機事故、死因は凍死?

ギリシアの飛行機事故、調査が進むにつれて、いろいろなことがわかってきたようです。続きを読む
posted by new_world at 00:27| Comment(6) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

子供の一番好きな野菜は・・・

枝豆だそうです。
続きを読む

posted by new_world at 20:39| Comment(13) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

熱帯夜

熱帯夜とは『最低気温が25度以上の夜』のことですが、問題はそこではありません。続きを読む
posted by new_world at 19:01| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

実習で感染するなんて・・・。

実習でO-157に感染して一時は意識混濁になり集中治療室に運ばれていた阪大の医学部の生徒、実習時に白衣も着ていなかったそうです。続きを読む
posted by new_world at 17:44| Comment(14) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

文章の文字数を数えること

ちょっと感心した話です。

文章が改ざんされていないかどうかを簡単に調べる方法があります。

文章の文字数を数えるんです。続きを読む
posted by new_world at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

日本、太陽光発電世界一から転落の危険?

日本は世界一の太陽光発電の国です。続きを読む
posted by new_world at 18:25| Comment(9) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蒸気を上げる機関車トーマスのプラレール

おもちゃメーカーのトミーが、超音波加湿器の技術を応用して本物のSLさながらに蒸気を出すプラレールを発売することを発表しました。続きを読む
posted by new_world at 10:01| Comment(2) | TrackBack(1) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

大河ドラマの法王

私は大河ドラマが好きで、結構大河ドラマは見てるのですが、その中での皇族の描写に最近違和感を感じます。
あまりに、皇族が出すぎるのです。続きを読む
posted by new_world at 18:41| Comment(5) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

餌付けされたトビ

横須賀や鎌倉の海岸で鳶に襲われる被害が多発しているそうです。続きを読む
posted by new_world at 01:48| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

地図

日本の精密な地図は大型の書店などにいけば簡単にしかも安価に手に入れることができます続きを読む
posted by new_world at 04:49| Comment(4) | TrackBack(1) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

世界初:小型原子核変換機

机上で使える小型レーザーで原子核を変換し、寿命の短い放射性物質を作ることに浜松ホトニクス(浜松市)などが世界で初めて成功そうです。

今回開発された装置は大きさが2×4(m)と比較的小型だそうで、この装置が癌診断のPET(陽電子放出型断層撮影)に使用する薬剤を作る大型設備に代わるものとなれば、車の巡回によるPET検査も可能になるそうです。続きを読む
posted by new_world at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

驚きの喫煙率・・・

男性の喫煙率って今でも47%もあるんですね・・・道ですれ違う男性のうち2人に1人が喫煙者ということになります。

信じられませんね・・・迷惑な話です。続きを読む
posted by new_world at 22:02| Comment(5) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

麻薬の末端価格

新聞記事を騒がせる麻薬摘発の事件。続きを読む
posted by new_world at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

ちょっと水を節約

昨日、玉子焼き用のフライパンで錦糸玉子を作りながら思いつきました。



『このフライパンってレトルトカレーと同じくらいの大きさだな・・・』



入れてみました。続きを読む
posted by new_world at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

10代で痛風の危険、6%

中高生の尿酸値を調べたところ約6%の生徒が高尿酸血症でこのままだと5〜10年で痛風の発作を引き起こす可能性が高いそうです

中にはすぐに投薬が必要なほど尿酸値が高かった生徒(約1%)もいたそうです


食べ物があふれている世の中なのでありえることではありますが…中高生の食生活の悪化は親に責任があるように思います


うちは…
posted by new_world at 14:36| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

暗証番号は生年月日?

銀行・郵便局の口座の暗証番号を誕生日にしている人は全体の約3割だそうです。続きを読む
posted by new_world at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

皿うどんの知名度・・・

居住地域が西日本中心(関西〜九州)の我が家では一般的なメニューだった『皿うどん』が、東日本では知名度が低いことを大学生になり知りました。

うちの大学の学食にはちゃんとあるんですが、関東以北の友人は知りませんでした。

ちょっとショックでした。


この時代になっても、食べ物って案外地域差があるものなんですね。続きを読む
posted by new_world at 08:03| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

妙な証明写真・・・

妹から聞いたのですが、妹の友人の英検受験票の写真がVサイン+満面の笑み付きだったそうです。

まぁ英検程度ならそれでもゆるされるのかもしれませんけどね。

中には感覚が少しおかしな人がいる物ですね・・・

ただ、だからといって、証明写真に『表情なし』みたいな条件を加えるのも変ですしね。

そこは、常識と言うやつですかね。
posted by new_world at 09:52| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

『訴状を見ていないのでコメントできない』

ニュースでどこかの会社がこんなコメントを出していました。

この会社は訴状を見たらコメントを出してくれるのでしょうか・・・というか、本当に訴状を見ていないのでしょうか。

早く訴状を見てコメントして下さいね、と頼みたいです。
posted by new_world at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

ダイエット?

ダイエットって、エネルギーの無駄遣いですよね。大勢がダイエットをすると、環境問題に発展しそうな気がします。

エネルギーは有限なもので次第に足りなくなっています。

しかも、ダイエットをするために更なる『エネルギー』(電気など)を使います。(ウォーキングの機械とか)

『健康』のため、という名目で、『過剰にとったエネルギー』を、更なる『エネルギー』を道連れに『無駄に消費』しているのです。

・・・もっと有益なことに使うべきです。

たとえば、電気をおこすとか。充電器みたいなものを一生懸命まわした方がいいと思います。

世界中のダイエットする人が全員で一生懸命電気をおこせば結構な量になるのではないでしょうか・・・電気の大切さもわかります。

これは筋力トレーニングをしている人にも言えます。

あんなに重いものを動かすのですから、それだけエネルギーが取り出せるはずです。

全世界のジムに発電システムを取り付けた筋力強化装置を置けばいいと思います。
posted by new_world at 11:58| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

最高級品?

お茶や調味料など、多くの商品に『最高級』という表現が多用されているような気がします。輪ゴムなどにも『高級』と書かれていますが、どう見ても、『並』です。

『最高級』なら量産品になんか使えませんし、全国のコンビニ&スーパーに毎日並ぶなんてありえませんよね・・・。
posted by new_world at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

日本銀行券、財務省製造

前は日本銀行券なのに財務省が作ってたんですね。

以前のは財務省(大蔵省)印刷局って書いてましたけど、最近のは国立印刷局って書いてあります。

国立印刷局は独立行政法人ですので、ちょっと日銀に近くなったんですね。続きを読む
posted by new_world at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

なぜ髪の毛だけ伸びるのか?

これは私は小学生の頃から悩んでいる現象です。

なぜ髪の毛だけ、なぜ人間だけ伸びるのでしょうか?

他の動物の毛や人間の他の体毛は伸び続けることは殆どありません。なぜ、人間の髪の毛だけ伸びるのでしょうか。
(他の動物でも冬毛夏毛のように生え変わることはありますが)

長すぎる毛は生存競争を勝ち残るのに明らかにマイナスだと思います。
かといって、孔雀の飾り羽のような雄独特(又は雌独特)のものでもありません。続きを読む
posted by new_world at 14:20| Comment(6) | TrackBack(1) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。